偏り?

ついに20人になった賛同人。
この賛同人の方々を見て、ある偏りが。

その1、大学関係者が多い。
そもそも今回の上映会企画、この映画「フツーの仕事がしたい」を見た実行委員会2名が、「岩手の学生にも見せたい!」と話し合ったのがきっかけです。と言う事で、当初から大学での、(主に)学生を対象とした上映会を企画していたため、呼びかけ人も、賛同人も大学関係者が多いです。ある意味必然ですね。


その2、農林系関係者が多い
映画の内容とは異なり、なぜか農林系繋がりの人が多いです。理由は簡単!呼びかけ人が全員、農林系繋がりだからです!笑 職場の労働組合に入っている人もいますが、どちらかと言えばみな一労働者です。とりわけ熱心に労働運動をやってきたわけではありません。 でもいいのです。 次の世代を担う若い人たちの問題は、私たち自身の問題でもあると思うのです。僅かですが、長く生きてる者として、長く社会に出ている者として、若い世代に伝えておくべき事があると思うのです。賛同人も、呼びかけ人も、労働組合が現在の労働環境の悪化を防ぐ、唯一絶対の手段だとは思っていません。ただ、労働組合と言う物があるんだよ、と言う事は伝えなければならないと思って、その1点で繋がっています。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック